江戸川橋 三好弥

 訪問日 平成21年5月11日 月曜日

 
 今回は味噌カツのおいしいお店「三好弥」です。

 
 「三好弥」というと結構あちこちにありますよねぇ。

 「三好弥」というのは、河出身の長谷川好弥氏が創業したので、三好弥という名前なんですねぇ。

 ちなみに最初のお店は上野黒門長で、そこからのれん分けを繰り返して、現在は都内に40軒以上もあるそうですよ。

 その中で、今回紹介するお店は江戸川橋にある「三好弥」さんですよ。

 
 場所は東京メトロ有楽町線の江戸川橋駅から1分ほどのところです。


 この日は12時45分到着。


三好弥の外観.jpg

店頭の商品サンプル.jpg



 お昼時という事もあり、ほぼ満席。


 昭和っぽさの残る店内ですね。

 カウンター席はなく、テーブル席のみですよ。


三好弥のランチメニュー その1.jpg

三好弥のランチメニュー その2.jpg


 一応、『洋食』と謳ってますが、メニューは「和・洋・中」と揃ってますよ。

 さば定食(840円)やざる中華(600円)なんていうのもありますね。



 さて、本日のご注文は「味噌かつ定食」です!!


上空から撮影した味噌かつ定食.jpg
味噌かつ定食(1,060円)


 このブログでトンカツは初めてですねぇ。

 カツ丼は「とんかつ とき和」「坂本屋」で紹介しましたけどね。


三好弥の味噌かつ.jpg

味噌かつのアップ.jpg


 味噌ダレは豆味噌にだし汁や砂糖を加えて甘辛くしてありますよ。

 本場名古屋の味噌かつのタレと比べると、渋みがありませんので、八丁味噌ではない豆味噌を使用しているのではないでしょうか。

 肉は豚のロースを使っており、柔らかいですよ。

 特に脂身と味噌だれの相性は抜群で、肉の脂っこさを味噌だれが包み込んでまろやかにしている感じがしますね。

 衣は中挽きのパン粉を使用し、サクサクに揚がってますよ。


三好弥のライス.jpg


 「三好弥」はライスも美味しいんです。

 やはり、どんなにおかずが美味しくてもご飯が不味いとすべて台無しですよね。


わかめともやしの味噌汁.jpg


 お味噌汁はわかめともやしですよ。


定食のお新香.jpg


 定食に付いているお新香です。

 キャベツの浅漬けとしば漬けですね。


 「三好弥」はチェーン店ではありませんので、お店によって味やメニューが多少ちがいますよ。

 ただし、揚げ物が強いというのはどのお店も共通しているようですね。

 
 住  所:東京都文京区関口1-47-12(地図
 T E L :03-3268-1429
 営業時間:11:30~15:00 17:00~21:00
 定 休 日:土曜日