浅草 駒形どぜう

 訪問日 平成26年7月25日


 今回のベストショット


ネギをのせたどぜう鍋.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日は、あの歴史研究家沼田先生と一緒に、暑気払いをすることなりましたよ

 と言っても、いつもの飲み会なんですけどね(爆)  (* ̄∇ ̄*) エヘヘ


 で、今回のお店はどぜう鍋の老舗「駒形どぜう」でつ💨


 お店の場所は、都営地下鉄浅草線の浅草駅A1出口から2分程のところですよ。

 東武伊勢崎線、東京メトロ銀座線の浅草駅からだと6分くらいです。


 
 この日は午後6時59分に到着🏠


駒形どぜうの外観.JPG


 創業は1801年。

 もう、創業してから200年以上も経っているんですねぇ。

 お店は地下1階から2階まであり、全部で266席(テーブル席とお座敷)もありますよ。

 また、予約は4名以上からなので、今回は入口で名前と人数を伝え、外で呼ばれるまで待つことにしました。

 外では10人程待っていましたが、約15分程で店内へ案内して貰えましたよ🆗



 沼田先生 キミ、また、あの「お疲れちゃ~ん」とかいうのやるんじゃないだろうね?

 こ う め ええ、ファンが期待しているものでやります(笑)

 沼田先生 ・・・ (-_-;)



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ~ん🍺  ∀(≧∇≦)

駒形どぜうで乾杯.JPG
アサヒ「熟撰」ビール(中ビン) 650円


 ここ、残念ながらホッピーは無いんですよねぇ~💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



ごぼうの唐揚げ.JPG
ごぼうの唐揚げ(500円)


 どじょうを食べる前に、まずはおつまみ・・・でつ💨

 このごぼうの唐揚げが、また、ビールに合うんだ‼  (≧∇≦)b OK



くじら竜田揚げ.JPG
くじら竜田揚げ(1,050円)


 ここはどじょう以外にも、鯨料理が有名なんですよねぇ。

 ここの鯨は肉が柔らかく、とっても食べ易いですよ。



鯉のあらい.JPG
鯉のあらい(950円)


 氷が敷いてあって、涼しげでいいですよね。


鯉のあらいと酢味噌.JPG


 さっぱりと、酢みそでいただきます🎵  ヾ( ´ー`)/



さらしくじら.JPG
さらしくじら(1,200円)


 こちらも、酢みそでいただきますよ。

 さっぱりとした中にも、しっかりした旨みを感じますね。



 ここで、どぜう鍋の登場ぅ~🎵

ヾ(@^(∞)^@)ノ ブヒィ~


駒形どぜうのどぜうなべ.JPG
どぜうなべ(1,750円)


 ここのどじょうは、お酒で酔わせた後、甘味噌仕立ての汁で煮込んでいますので、骨まで柔らかいんですよね。


燃料の炭.JPG


 また、炭火で煮るというのも風情があって良いです💡


薬味のネギ.JPG



 そして、ネギは、な、なんと、入れ放題💣

O(≧▽≦)O キャー


ネギをのせたどぜう鍋.JPG


 どじょうは、あらかじめ火が通っていますので、乗せたネギがしんなりしてきたら食べ頃ですよ🆗



 ここで、日本酒にチェ~ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


京都のお酒「ふり袖」.JPG
ふり袖(京都・伏見)正1合(630円)


 これは、もう、お酒を飲まないわけにはいきませんよね(爆)

 ぬる燗で頂きます🎵

 どじょうに合うように選んだお酒だそうですよ。



さきがきごぼう.JPG
ささがきごぼう(350円)


 どぜう鍋があまりにも美味しかったもので、もう1つ頼んで、このささがきごぼうを乗せることにしました。


お代わりしたどぜう鍋.JPG


 ネギもドッサリ乗せちゃいます‼  (* ̄ー ̄) ニヤリ


どじょう鍋のアップ.JPG


 ホロホロに煮えたどじょうに、ささがきごぼうのシャキシャキ感。。。

 ほんと、タマランチ会長ですな(爆)


 でも、やっぱり、夏はどじょうですよ☀

 ◆今回紹介したお店の情報(地図)

関連ランキング:どじょう | 浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅蔵前駅

 

この記事へのコメント