ときわ台 吉祥軒

 訪問日 平成29年5月14日 日曜日


 今回のベストショット


ワンタン麺.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 最近、町中華にハマっている 愛の戦士 こうめタン。。。


 以前はあまり、町中華って意識していなかったんですよね。

 どちらかというと、本場中国の本格的な中華ばかりに目がいっちゃって・・・。

 でも、なんでかなぁ~

 町中華(日式中華とも言いますね。)に目覚めたというか、何というか。


 そんなこんなで、とある日曜日にチャーハンが美味しいと言われている「吉祥軒」に初めて行ってみましたよ。


 お店の場所は、東武東上線のときわ台駅北口から14分程のところですね。

 はっきり言って、駅から少し遠いでつ。



 この日はお昼の12時27分に到着。


吉祥軒の外観.JPG

 実はここ、ネットで美味しいお店を探していて、偶然見つけたお店なんですよね。

 駅からは離れているし、たぶん、近所の人とか近くの大学生がお客として多いのかな?

 外観からして、昔ながらの中華屋さんという感じでつ。



外のメニュー.JPG

 外には『おすすめメニュー』が出ていますね。

 1品料理はちょっと高めの設定だということも、すでにネット上で確認済み。

 たぶん、場所柄だと思うんですよね。

 ときわ台は”板橋区の田園調布”と言われている高級住宅地ですからww



吉祥軒のカウンター席.JPG

 お店に入ると、ちょうど40代の店主と思われる方が中華鍋を振っていました。

 『ガコガコガコガコ・・・・』

 すごくリズムが良いんですね。

 これを見て直感的に、「この店主、只者じゃない!!」ってすぐに分かりましたよ(笑)



メニュー その1.JPG

 麺類や飯類は標準的な価格だと思います。

 中には安いと感じる物もあるくらい。



メニュー その2.JPG

 先程も書きましたが、1品料理はやや高めかな。

 でも、噂では相当おいしいらしいでつ。



 さて、本日のご注文は「ワンタンメン 大盛り」です


ワンタン麺.JPG
ワンタンメン(750円)+大盛り(200円)

 大盛りにすると、プラス200円なんですね。

 でも、麺の量がかなり多い。

 並盛の麺の量がどのくらいなのか分かりませんが、大盛りでは300グラム近くありますよ。(たぶん)



吉祥軒の麺.JPG

 麺は普通の太さでストレート。

 縮れてはいません。

 柔らかすぎず、硬すぎず、丁度良い茹で加減ですね。  ( ̄  ̄)b



ラーメンスープ.JPG

 スープはあっさり醤油味の清湯スープ。

 スッキリした味の中にも、しっかりした旨味を感じますよ。

 これは全部飲めちゃいますね。(実際、全部飲んじゃった。)



ワンタン.JPG

 ワンタンは全部で5個入っていますね。

 普通の町中華のワンタンって、全部くっ付いちゃってて、剥がすと中身のお肉がポロリなんて事になりますが、ここのワンタンはくっ付いていても綺麗に剥がれます。

 薄い皮なのに実にしっかりしているんですよ。

 そして、皮にコシがあるっていうか。

 やはり、「ここの店主、只者じゃない!!」(笑)  ; ̄ロ ̄)!!



メンマ.JPG

 メンマも刻みネギも多めですね。

 そう、これこれ!! メンマは甘ったるくなくて好みの味♪



チャーシュー.JPG

 チャーシューは豚の肩ロースなのかな?

 これも昔からの町中華らしく、硬めに茹でられていますよ。

 この噛み応えのあるジューシーなのが、私的にはドストライクでつ!!  ヾ( ´ー`)/


 完食すると、かなり満腹になります。

 しかし、良いお店を見つけたなぁ~♪

 今度は評判の高いチャーハンを食べに来ます!!  (>▽<)b OK!!

 ◆今回紹介したお店の情報(地図)

関連ランキング:中華料理 | ときわ台駅