成増「やきとん 泰希」 もつ焼きが安くて美味しい新たにオープンした居酒屋さん

 訪問日 令和3年1月22日 金曜日


 今回のベストショット


ハツ.JPG


 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ


 板橋区内に住んでいる飲兵衛ならわかると思いますが、去年(2020年)の4月28日に成増にあったモツ焼きの名店「やきとん 丸徳」が惜しまれつつ閉店いたしました。

 閉店の理由は分かりませんが、時期的にコロナの影響があったのかも知れません。

 で、我々地元の飲兵衛たちは、その跡地に何ができるのか注目していたわけですよ。

 そーしたら、なんと、新たに「やきとん 泰希」というもつ焼き酒場がオープンしたじゃあーりませんか。

 しかも、SNSでの評判はすこぶる良いと来ている。。。

 こりゃ、私も行かないわけにイカンでしょ!!  O(≧▽≦)O イカンイカン


 お店の場所は東武東上線の成増駅南口から13分程のところですね。


 この日は午後5時29分に到着。。。


やきとん 泰希.JPG

 お店は2020年12月6日オープン。

 「やきとん 丸徳」とは全く関係は無く、建物だけ同じみたいですね。

 ただ、当然、庇は変わっています。



やきとん 泰希の店内.JPG

 お店はまだ若い男性2人とアルバイトの女性1人で切り盛り。

 店内は「丸徳」時代にはあったお座敷を取っ払ってテーブル席に改装していますが、なんとなく丸徳の面影は残っています。
 
 カウンター席辺りはほとんど変わっていないんじゃないかなぁ~

 席はカウンター4席に4人掛けテーブル席が5卓、そして2人掛けテーブル席が1卓あります。

 ただ、テーブルはビール箱なのね(笑)  f^_^;



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ~ん‼  ∀(≧∇≦)
 
泰希で乾杯.JPG
ホッピー黒(390円)

 ここ、ホッピーあります。(ホッピーミーナ、大喜び♪)

 しかも、セットで390円という安さ!!



特製煮込み.JPG
特製煮込み(300円)

 300円にしてはボリュームがありますね。

 具は、豚の白モツ、こんにゃく、ねぎ。

 白モツは丁寧に下処理がされている為、クセなどは無くとても柔らかく煮込まれています。

 味はあっさりな味噌味。。。スープも全く脂を感じないほどですね。



レバー.JPG
レバー(80円)

 味は聞かれないので、自動的におまかせになります。

 で、レバーはタレで来ました。

 レバーはほぼ炙った程度で完全なレア状態!!

 鮮度も良く、かなり美味しいぃ~♪  ヾ( ´ー`)/

 タレはとろみのあるみたらしタイプですが、嫌味な甘さはなく良い感じでつ。

 サラサラ系のタレが主流の昨今で、新規オープンのお店がこのタイプのタレを使うとは驚きました。



カシラ.JPG
かしら(100円)

 これもタレ。

 カシラとカシラの間には玉ねぎが挟まれています。

 このタレでカシラと玉ねぎを一緒に食べると確かに旨いわ!!



シロ.JPG
シロ(100円)

 外はカリッと焼かれていて好みのタイプ。

 当然、クセなどは無く柔らかいでつ。

 あっ、これもタレね。



ホッピー中.JPG
ホッピー中(200円)

 ホッピー1本で3杯呑めます。

 ただ、グラスはやや小さめかな。



ガツポン.JPG
ガツポン(200円)

 茹でたガツにポン酢をかけた物。まぁ、いわゆるガツ刺しですね。

 でも、200円でこのボリュームは凄い!!  ヾ( ´ー`)/

 そして、ガツの下に隠れているさらし玉ねぎが美味しいんだな。ポン酢が染みてて・・・。



つくね.JPG
つくね(2本) 200円

 他の焼き物は1本から注文できるけど、つくねだけは2本縛り。

 肉は細引き。ナンコツは入っていないタイプですね。
 
 個人的にはナンコツの入らないつくねの方が好きでつ。



ハツ.JPG
ハツ(100円)

 なんか、おまかせだと全部タレで来そうなので、ハツは塩で焼いてくださいと指定しました(笑)

 塩加減も良くジューシーで、美味ちいぃ~♪ 美味ちいぃ~♪ O(≧▽≦)O



酎ハイ.JPG
チューハイ(320円)

 やはり、19時がドリンクのラストオーダーという事でチューハイを注文。

 なかなか焼酎が濃いめでGood!!


 ここの大将に修業先を伺ってみましたが、上手にはぐらかされました(笑)

 ただ、もつ焼きは、秋元屋系ウッチャン系加賀屋系のいずれでもありません。

 最近では秋元屋系が多いので、かなり新鮮に感じますね。

 ◆今回紹介したお店の情報(地図)

関連ランキング:居酒屋 | 地下鉄成増駅成増駅