小竹向原「やきとり ひなもも」 焼鳥は1日に1,000本!! 環七沿いの大衆焼鳥店

 訪問日 令和3年2月12日 金曜日


 今回のベストショット


手羽先.JPG


 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ


 私、趣味と健康の為に土日祝日はお散歩(ウォーキング)をしているのですが、その途中で気になるお店(飲食店)に出会う事があります。

 そんな時はすぐにスマホでチェックをしてどんなお店か調べるのが常でつ。

 で、そのチェックしたお店の中で特に気になったお店「やきとり ひなもも」に先日行ってみました。

 しかし、行ってみると予約で一杯らしく入れないとの事。

 くぅぅ~、予約すれば良かったぁ~と悔やんでも後の祭り。

 こりゃ、また、行くっきゃないよね?  O(≧▽≦)O イクッキャナイナイ

 つーことで、今回、しっかり予約を取りリベンジすることにしましたよ。


 お店の場所は東京メトロ有楽町線の小竹向原駅1番出口から7分程のところですね。


 この日は午後5時4分に到着。。。


やきとり ひなもも.JPG

 ここは2017年の3月にオープンした、まだ、比較的新しいい焼鳥屋さん。

 ネットの情報によると、1日に1000本もの焼鳥が売れるらしいでつ。

 お店の外観の写真を撮っている最中もテイクアウトで焼鳥やお弁当を買って行かれるお客さんが絶えず来ていました。



ひなももの店内.JPG

 お店はご夫婦とアルバイトさん(?)で切り盛り。

 コロナ対策はキチンとなされ、入口のドアも開け放たれています。



ひなもものテーブル席.JPG

 席はカウンター6席にテーブル席が8席。

 そして、奥には20人程座れるお座敷も用意されているみたい。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ~ん‼  ∀(≧∇≦)


黒ホッピー.JPG
ホッピーセット(黒) 520円

 ここ、ホッピーあります。(ホッピーミーナ、大喜び♪)



お通し.JPG
お通し(300円)

 お通しは鶏皮ポン酢。

 鶏皮、万能ねぎ、玉ねぎをポン酢で和えた冷菜ですね。



焼鳥盛り合わせ.JPG
やきとり盛り合わせ 5本(600円)

 左から、レバー、つくね、ねぎま、もも、むねになります。

 味は全てお任せになり、全部タレで来ました。

 タレはやや粘度があり美味しい。

 薬味として柚子胡椒と唐辛子を混ぜた物が添えられていますね。



レバー、つくね、ねぎま.JPG
レバー、つくね、ねぎま

 レバーはわりとしっかり焼かれています。

 お弁当(焼鳥丼)にも乗せるのでよく焼きなんでしょう。

 つくねは外がカリッと中はふっくら。。。ナンコツ入りでつ。

 ねぎまは腿肉とねぎですね。



モモとムネ.JPG
ももとむね

 ももは皮がパリっとして肉自体はジューシー。

 そして、むねなんですが、胸肉って焼くとパサパサになり易い部位なのですが全然パサパサじゃない。

 しかし、胸肉を焼鳥にするお店も珍しいですよね。よく、タタキにはするけど・・・。



ホッピーの中.JPG
中(260円)

 ちょっと氷が多くて焼酎が少ないなぁ~  (-_-;)



はつもとと手羽先.JPG
左:はつもと(150円) 右:手羽先(320円)

 これも両方ともタレ焼きですな。

 ここはタレ押しなのかな。



ハツ元.JPG
はつもと(150円)

 希少部位ですよ。

 脂がそこそこ乗りプリプリで旨い。

 備長炭で焼かれているので炭の香りもします。



手羽先.JPG
手羽先(320円)

 皮はカリッと焼かれ、肉はしっとりジューシー。

 きちんと食べ易いように捌いてから串打ちされていますね。

 手羽先は私の大好きな部位なんですよねぇ~♪



生カブ.JPG
生カブ(330円)

 意外とボリュームがあります。

 でも、生のカブって瑞々しくて美味しい物ですな。



鶏そぼろ.JPG

 で、味噌の代わりに鶏そぼろを付けて食べるみたいなんですが、粘度が無いためにカブにそぼろが乗らない(笑)

 そぼろ自体はナンコツ入りで白胡麻たっぷり!!

 これ、たぶん、お弁当(焼鳥丼)に使う鶏そぼろだと思います。

 塩味なのでサッパリ。



ペンネカルボナーラ.JPG
ペンネカルボナーラ(サービス)

 大将が「サービスでつ!!」と言って出してくれました。たぶん、裏メニューでしょう。

 ペンネはアルデンテで良い感じ。。。

 生クリームや牛乳やオリーブオイルは一切使っていないそうですよ。

 鶏の挽肉やチーズがたっぷりで、当然、おつまみにもなります。



芋焼酎お湯割り.JPG
黒霧島(550円)

 コロナ対策の為、ドアが開け放たれていて寒いので、芋焼酎のお湯割りを頼みました。

 ただ、ちょっと焼酎が薄いなぁ~(笑)  (^_^; アハハ…


 ここは店内で食事をするお客さんよりもテイクアウトのお客さんの方が遥かに多いみたいですね。

 私の滞在中にも引っ切り無しにテイクアウトの注文が入っておりました。

 私も一度ここの焼鳥丼を食べてみたいなぁ~

 ◆今回紹介したお店の情報(地図)

関連ランキング:焼き鳥 | 小竹向原駅