朝霞台「串焼き こうの鳥」 皮が美味い!!コスパの良い地元密着型の焼鳥屋

 訪問日 令和3年2月19日 金曜日


 今回のベストショット


皮.JPG


 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ


 つい最近までモツ焼きに凝って毎週のようにモツ焼き屋さんに行っておりました。

 ところが、先週の「やきとり ひなもも」から今度は焼鳥熱に火が付いたようでつ(笑)

 まぁ、元々焼鳥は大好きなんでね♪

 で、以前からチェックしていた焼鳥屋さん「串焼き こうの鳥」へ行ってみる事にしましたよ。


 お店の場所は東武東上線の朝霞台駅、JR武蔵野線の北朝霞駅から22分程のところですね。


 この日は午後5時6分に到着。。。


串焼き こうの鳥.JPG

 お店は2018年の11月にオープン。

 ネットを見てもあまり情報は出ていません。

 なので、当然、マスターの修業先とかも不明。

 駅からはかなり離れていますが、近くにはいくつかの大きな工場がありますので、そこで働いていらっしゃる方々が来るのかなぁ。



串焼き こうの鳥の店内.JPG

 店内のカウンター席はまるでバーのような造り。

 しかし、テーブル席は居酒屋とは少しかけ離れた雰囲気。。。

 まぁ、何とも不思議な感じがします。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ~ん‼  ∀(≧∇≦)


黒ホッピー.JPG
ホッピーセット(黒) 450円

 ここ、ホッピーあります。(ホッピーミーナ、大喜び♪)

 ただ、ここのホッピーは家庭用の瓶なんですねぇ。



お通し.JPG

 お通しは「自家製鶏スープ」「塩こぶきゃべつ」になります。



キャベツ.JPG
塩こぶきゃべつ

 キャベツと塩昆布を胡麻油で和えて白胡麻を振りかけた物。

 そこそこボリュームもあります。



鳥スープ.JPG
自家製鶏スープ

 鶏の旨みがしっかり出た美味しいスープ。

 ブラックペッパーが良い塩梅に利いています。

 ただ、これ、お酒を呑んだ後の締めでいただきたかった。。。



もも肉.JPG
もも(180円)

 やや小振りながらも皮はカリカリに焼かれ、身はしっとりジューシー。

 タレは少し味濃いめのシャバシャバタイプで美味しいなぁ~。



皮.JPG
かわ(130円)

 皮は横に巻いて串打ちされています。

 外はカリッカリで中はプニュプニュ。焦げた部分が香ばしいですね。

 この皮はかなりの物だわ!!



つくねの全容.JPG
つくね 2本(黄身付) 380円

 つくねだけは何故か2本縛り。串は最初から外されています。

 そして、黄身がデフォで付いているのは嬉しいぃ~♪ ヾ( ´ー`)/



つくね.JPG

 つくねは軟骨が入らないタイプ。

 しっかりした濃いめの下味が付いているので、黄身に絡めて食べると丁度良い塩梅になります。



ホッピーの中.JPG
なか(250円)

 ホッピー1本で3杯取れますね。



手羽.JPG
手羽(180円)

 以前にも申しましたが、私が一番好きな部位でつ♪

 但し、しっかり捌いて食べ易いようになっていないと嫌なんですよ(笑)

 その点こちらは合格!!  (>▽<)b OK!!



ハツ.JPG
はつ(130円)

 ハツは焼き加減が難しい部位ですが、いい感じで焼けています。

 ちょっと火が入り過ぎると硬くなりますからねぇ。



レバー.JPG
ればー(160円)

 レバーとササミは焼き加減(ミディアムorレア)が選べるらしいのでレアでお願いしました。

 ただ、焼き上がった物はミディアムっぽい感じでしたねぇ。

 レバー自体は鮮度も良く、中々の上物だと思います。



酎ハイ.JPG
酎ハイ(300円)

 で、いつものようにドンドン飲んじゃうわけですよ(笑)  (^_^; アハハ…



せせり.JPG
せせり(180円)

 セセリには白髪ねぎが乗り、ソースはオリジナルソースになります。

 で、このオリジナルソース、何かと思いましたら唐辛子が利いたピリ辛ポン酢みたいなものでした。



えのき肉巻.JPG
えのき肉巻(180円)

 エノキ茸を豚バラ肉で豪快に巻いた1串!!

 これ、噛み切れないので一口で食べるしかない(笑)  f^_^;

 入れ歯の方はご注意くださいね(笑)



白レバ刺.JPG
白レバ刺(600円)

 極上のレバーですねぇ~♪

 口に入れるとトロットロにとろけますよぉ~

 いやぁ~、抜群に旨いわ!!

 タレは塩の入った胡麻油。薬味は、万能ねき、白髪ねぎ、生姜、ニンニクですね。


 ここは立地的にも地元の常連さんが多いのかな。

 19時前には席の8割ほどが埋まり人気店だという事が分かります。

 ただ、店内喫煙可能なので、煙草の煙がダメな方は難しいかも知れません。

 ◆今回紹介したお店の情報(地図)

関連ランキング:焼き鳥 | 朝霞台駅北朝霞駅志木駅