北本 「蕎麦 阿き津」 荒川の袂にある手打ちそば屋さんでのんびりと過ごす一日

 訪問日 令和3年12月25日 土曜日


 今回のベストショット


せいろそば.JPG


 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ


 この日は土曜日でお休み。。。

 なので、本来はお散歩(ウォーキング)の日なのですが、天気も良いので愛車でドライブがてら「蕎麦 阿き津」に少し早い年越しそばを食べに行くことにしましたよ。

 もう、寒いですしね。お散歩はキツいですよ。  f^_^;


 お店の最寄り駅は、JR高崎線、上野東京ライン、湘南新宿ラインの北本駅ですが、駅から2.8km離れており、歩くと35分ほど掛かるみたい。(Googleマップによると・・)

 まぁ、歩けない距離ではないけれど、車の方が楽だよね。


 この日は午後1時4分に到着。。。


阿き津の駐車場.JPG

 場所が場所だけに駐車場は完備されております。

 といっても、ただの空き地だけど・・・(笑)

 台数としては15台は停められるんじゃないかな。



阿き津の入口.JPG

 お店の入口の門には「蕎麦 阿き津」と書かれた看板があります。

 創業時期はネットなどで調べましたが分かりません。

 2008年の時点では既に営業をされていたようですね。



お店の外観.JPG

 門を潜り入口へ行くと待っている人はゼロ。。。

 ラッキーと思いましたが、店内は満席で30分程待ちました。



阿き津の店内.JPG

 入口で靴を脱ぎ席に案内されると、壁に大きく取られたガラス窓から庭の景色が目に飛び込みます。

 いやぁ~、なんか長閑(のどか)で良いねぇ~

 席としては全て座卓で16席あるみたい。



メニュー.JPG

 メニューを見ると、至ってシンプルな構成。

 特に凝った物はありません。

 でも、これで良いんですよ。



 さて、本日のご注文は「おせいろ」です あっ! 大盛りでね♪


玄米茶.JPG

 お蕎麦は風味を保つ為に数人前ずつ打つそうで、私のところで丁度新たにお蕎麦を打つタイミングだったらしいでつ。

 なので、提供まで40分程待ちますが宜しいですかとの事でした。

 まぁ、私は暇なので全然良いですよ(笑)

 その間、熱々の玄米茶を啜りつつ、窓の景色を眺めたり、持って来た文庫本を読んだりして過ごしました。

 日々忙しい日常の中、このようにのんびりとしたひと時も悪くありません。

 そして、玄米茶は急須での提供なのが嬉しいですな。



おせいろ大盛り.JPG
おせいろ(1,000円)+大盛り(300円)

 きっちり40分後にお蕎麦は出て来ました。

 なんか、盛り付け方も仰々しくなく、ごく自然な感じで好感が持てます。



せいろそば.JPG

 お蕎麦はそば粉が8の繋ぎが2の所謂二八そば!!

 太さは普通で色はやや白みがかっております。



蕎麦のアップ.JPG

 そのまま1本食べてみると、コシがあり蕎麦の風味が鼻から抜ける。

 うんうん、40分待った甲斐があるね(笑)  (* ̄∇ ̄*) エヘヘ



そばつゆ.JPG

 おつゆは濃いめだけど鰹だしが利いているので、尖ったところが無くマイルドに感じます。

 そして、徳利にたっぷり入っているのが嬉しいね。



薬味.JPG

 薬味は、刻みねぎ、山葵、大根おろし。。。

 最初は大根おろしをつゆに溶いて食べ、その後に山葵、ねぎと楽しみました。

 個人的には大根おろしで食べるのが一番好きかな。



手打ち蕎麦.JPG

 う~ん、美味ちいぃ~♪ 美味ちいぃ~♪  O(≧▽≦)O



そば湯.JPG

 最後は残ったおつゆを蕎麦湯で割って楽しみます。

 蕎麦湯自体はそば粉を溶かない自然なもの。

 おつゆが結構残っていたので十分に楽しめました。



外の景色.JPG

 お店を出て駐車場に向かう途中、前方を見ると荒川の土手が見渡せます。

 そして、その遥か先には山々の姿が微かに見える。

 いやぁ~、なんとなく良い時間を過ごせました。

 ◆今回紹介したお店の情報(地図)

関連ランキング:そば(蕎麦) | 北本駅鴻巣駅