池袋 パキスタンレストラン マルハバ

 訪問日 平成20年3月5日 水曜日

 以前にインド料理とトルコ料理のコラボの店「シャンティ」を紹介しました。

 それからです。

 インドの隣国のパキスタンの情勢が悪化したのは・・・。

 ブット元首相の暗殺もあったりしました。

 
 そこで今回、この私が政府の依頼もあり、パキスタン料理を食べに行く事を決心しました。(うそww)

 今回紹介するお店は、「パキスタンレストラン マルハバ」というお店です。

 場所は池袋駅から、8分ほどのところです。


マルハバの入口.jpg入口のゾウ.jpg


 12時15分到着。

 お客は3人しかいません。

 お店のキャパは30人以上なのに、3人ではちょっと寂しいでしねぇ。

 
 しかし、入口の上にパキスタンレストランと謳っていながら、ドアにはインド料理と書いています。

 一体、どうなっているんですかねぇ。

 まぁ、インドとパキスタンは隣同士なので、料理も共通なものも多いからでしょうか。


マルハバのメニュー.jpg



 メニューを見ると、やはり、ランチセットがお徳ですね。

 また、ランチでもディナーでも、お店にはアルコール類はメニューにありません。

 パキスタンはイスラム教国なので、ムスリムの戒律を守っているのでしょう。

 料理に使う鶏やマトンも、戒律にのっとった方法で処理されているそうです。


 さて、本日のご注文は「マトンビリヤニのセット」です!!


マトンのビリヤニ.jpg
マトンのビリヤニセット(750円)


 セットにはサラダとドリンクが付きます。

 メニューにはドライカレーなんて、説明がされていますが、これは明らかにスパイスピラフですよ。

 また、ライスにはちゃんと、インディカ米(長粒米)を使っているのには好感が持てます。

 やはり、インド料理やパキスタン料理には、インディカ米を使ってほしいものです。


 そして、見て下さいこのボリューム!!

 こういう、ちょっと洒落たお店では、お料理がちょこっとしか出てこない事が多々あります。

 このマルハバの盛りは、いかにも男のめしという感じですよ。

 ふつうの中華屋のチャーハン大盛りくらいの量ですね。


ビリヤニのアップ.jpg

マトンの塊.jpgビリヤニの中のマトン.jpg


 
 また、ビリヤニに入っているマトンの肉がスゴイですよ。
 
 肉がゴロゴロ入っていて、ピラフと言うよりも、完全に肉料理という感じですね。

 お肉自体も臭みはありません。

 ライス4に対して、肉が1の割合ですか。


 そして、味ですが、口に入れると、ライスのポロッとした食感があり、咀嚼すると香辛料のピリリとした辛さと、マトンから出た旨みがオテテをつないでやってきます。


 最近は私もだいぶ辛さに対しても抵抗力が付いてきましたが、それでも、ここのビリヤニを食べると、汗がタラ~リと垂れて来ますね。


 今度はカレーのセットに挑戦したいですね。


 セットのドリンクは、アイスミルクティーを注文しましたが、写真を撮ることを忘れ、飲んでしまいましたとさ。


 住  所:東京都豊島区池袋2-63-6 パレスガーデンミラノ1F(地図
 T E L :03-3987-1031
 営業時間:平日 11:00~15:00、17:00~22:30(L.O.22:00)
      日祝 11:00~21:30(L.O.21:00)
 定 休 日:無 休