野方 秋元屋

 訪問日 平成20年5月31日 土曜日

 やきとんと言うと、今まで数々の名店を巡って参りました。

 ただ、やきとんの名店はまだまだあるわけで・・・。

 そんな事で、今回は秋元屋を紹介しましょう。


 場所は西武新宿線の野方駅から徒歩2分くらいでしょうか。

 割合、駅から近いです。


秋元屋の外観.jpg


 4時10分に到着。


 この日は朝からあいにくの雨。。。

 お店の方も多少空いているのではないかと思ったんですが、甘かったですねぇ。

 土曜日は4時開店なんですが、開店から10分過ぎただけでほぼ満席です。

 運良くカウンター席が1つだけ空いていましたので、何とか潜り込みました。


まずはホッピー.jpg
ホッピー(380円)


 まずはホッピーです。

 私の場合、飲みに行ってメニューにホッピーがあると、必ずコレですよ。

 もう、最初から最後までホッピーです。

 はっきり言ってビールは腹が出るんですよぉ。

 それにビールはプリン体も多いですしね。

 中には「いたばし区のばら」のロザリーさんのように「プリン体、カモン! 」なんて、プリン体を挑発されている方もいらっしゃいますが、私にはちょっと・・・(笑)

 ちなみに「プリン体はプリンに多く含まれているのでは?」と思っている方いませんか?(笑)


秋元屋のレバ刺し.jpg
レバ刺し(350円)


 レバ刺しが最初に登場!!

 レバ刺しもプリン体は多いのですが、もうそんなことは言っていられませんよ。


 見てください!!  


 このテリを!!


 食べると、新鮮でプリプリとした食感があり、噛むとほんのりと甘味さえ感じます。

 テーブルにはごま油が瓶ごと置いてありますので、たっぷりとごま油をかけ、半分は塩で、残りの半分は醤油で頂きました。


秋元屋の煮込み.jpg
煮込み(350円)


 ここの煮込みは牛のホルモンを使っていますねぇ。

 内側のアブラがとろけて美味しいですよ。

 付いている洋からしが非常に合いますねぇ。

 お豆腐も味がしっかりと染みていてGOODです。(死語だよね。)

 
 セロリ漬け.jpg
セロリ漬け(150円)


 箸休めのつもりで注文した1品です。

 セロリを糠で漬けた物です。

 これが以外にいけるんですよ。

 自家製ですね。


エノキ肉巻きとトマト肉巻き.jpg
左:エノキ肉巻き(150円) 右:トマト肉巻き(150円)


 エノキとトマトをバラ肉で巻いて焼いた物です。

 エノキ肉巻きはぎっしりとエノキが入っており、予想通りの美味さです。

 トマト肉巻きはプチトマトではなく、普通のトマトを使用しており、これまたベストマッチの美味さですね。


ハラミとタンモト.jpg
上:タンモト(塩)下:ハラミ(塩) 各100円 


 タンモトなんて珍しい部位ですよねぇ。

 舌の根元の部分なのでしょうか。

 味は油っぽくて濃厚です。

 普通のタンとは全くの別物ですね。

 
 ハラミは横隔膜のところの肉です。

 タンモトとは逆に油身が少なくとてもヘルシーです。


テッポウみそ.jpg
テッポウ(味噌ダレ)100円


 テッポウは直腸ですね。

 新鮮で丁寧に下処理されている為、臭みはありません。

 秋元屋の焼き物は醤油タレ味噌ダレの4種類が用意されており、好みの味で楽しめるんですよぉ。


チレ味噌ダレ.jpg
チレ(味噌ダレ)100円


 チレ、脾臓(ひぞう)です。


 ここのチレ、ムチャクチャ美味いですよぉ~♪


 今まで私が食べたチレで一番美味しいですよ。


山芋しょうゆ漬け.jpg
山いもしょうゆ漬け(150円)


 箸休め第2弾の山芋しょうゆ漬けです。

 山芋を短冊切りにしたような物かと思っていましたが、なかなかの厚切りでシャキシャキ感がたまりません。


生山葵.jpg


 山芋しょうゆ漬けの薬味には、なんと、生わさびが付いているんですよね。

 たったの150円のお料理なのにいいんでしょうか。

 コレ、何杯でも食べられます。


チキンボール.jpg
チキンボール(たれ)100円か120円


 チキンボールとはつくねの事なんですが、うまいですよ。

 外側はカリッと焼いていて、中はふっくらしています。

 肉と肉とのつなぎに工夫があるんでしょう。


 今回、これだけ食べて、ホッピーも5杯飲んで、3,580円でした。


 住  所:東京都中野区野方5-28-3(地図
 T E L :03-3338-6236
 営業時間:火~土 17:00~24:00
      日・祝 16:00~22:00
 定 休 日:月曜日